2010年06月23日

健闘空しく。。。

やはりというか。。。

厳しかったですね。。

さすが、ナダルという所でしょうか。

序盤に調子を上げきれなかったのがもったいなかったですね。
最初に乗って行ければまた違った展開になったような気もします。

それでも、ウィンブルドンでナダルと当たるというのはこれからの彼のプレーにはとってもいい経験になるでしょう。

まだまだこれからです。

次はUSオープンに期待しましょう!

【PR】最新の脳医学から生まれた驚愕のテニス上達法 「Feeling Tennis」





錦織圭」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。